高性能住宅の特徴やメリットとは?関連情報について初心者にも詳しく紹介

このサイトでは高性能住宅の建築入居を検討しはじめた初心者の方に、有益な情報や基礎知識を幅広く紹介しています。
住宅設備のなかでも関心が高いのが冷暖房などの空調設備です。
家庭内でも空調に必要な電気使用量の割合は大きく、省エネの観点からは予算との兼ね合いもありますが、できる限りエネルギー消費を抑えることがポイントになります。
エネルギー消費の抑制は地球環境への影響も無視できないため、公的な補助金も用意されているようです。

高性能住宅の特徴やメリットとは?関連情報について初心者にも詳しく紹介

高性能住宅とは、省エネ仕様の冷暖房設備を備えたり断熱材を豊富に使用し断熱性能を高くした、住宅を指します。
最近ではZEH住宅に代表されるように、家庭内での電気使用については自家生産し、エネルギー消費を限りなく0に近づけるような高性能住宅も登場しています。
省エネ性能に関連して、高性能住宅は住人の健康にとってもプラスになる側面があります。
年間を通じて気温変化が少ないため、冬場のヒートショックなどのリスクを大きく下げることができるからです。

高性能住宅に明確な条件や基準はない

高性能住宅とは、快適に暮らすための住宅性能を高めた住宅を指しますが、明確な条件や基準が定められているわけではありません。
しかし、気密性・断熱性・耐震性・耐久性の4つの性能が優れている住宅を高性能住宅と呼ぶのが一般的です。
住宅における気密性とは、隙間を減らすことで外気の侵入を防ぐ性能のことです。
気密性を高めることで室温が安定し、冷暖房効率も向上します。
断熱性は、外気の影響の受けやすさを表す指標です。
断熱性を向上させると、屋外の熱気や冷気の影響を受けにくくなるので、夏は涼しく冬は暖かい住宅を実現することができます。
耐震性は、地震への強さを示す指標です。
建築基準法にも、震度6強から7程度の地震で倒壊・崩壊せず、震度5程度の地震で損傷しないという水準が設けられています。
また、地震の揺れに対する強さには、耐震等級という指標もあります。
住宅における耐久性とは、構造材・外壁・内装・基礎・設備といった住宅の主要部分の劣化しにくさを表した指標です。
耐久性を高めることで、修繕の頻度を抑えることが可能で、長期間にわたって安心安全に暮らすことが可能です。

気密性に優れている高性能住宅の魅力

高性能住宅は気密性に優れているので、住宅内部の空気を外に逃がしにくいような特徴があります。
そのため室内を快適な温度で維持することができますから、エアコンなどを使用したときにスムーズに室温を快適な状態にしていくことが可能です。
室内の空気を外に逃がしてしまうような住宅の場合は、夏などに室温を下げてもすぐに暑くなってしまいますから、エネルギー効率がかなり悪い状態になってしまいます。
高性能住宅は価格が高いのですが、長期的に生活をすることで発生する光熱費などのトータルコストをかなり抑えられるような特徴があるので安心です。
高性能住宅は気密性だけでなく断熱性などにも優れているような特徴がありますから、より効率的に快適な住宅にすることができます。
日本には四季がありますし、島国特有の湿度が高いような特徴もありますから、カビなどの問題が発生しやすい国でもあります。
そのような問題も高性能住宅であれば解消していくことができるので、安全に生活をする住まいを確保できるはずです。

断熱性に優れている高性能住宅の魅力

住宅の快適性を大きく左右することとなる指標の一つが、室内空間と屋外空間の温度差をしっかりと遮断することのできる断熱性の高さです。
屋外気温が大幅に下る冬季間は室内の暖かい空気を逃さないように、逆に夏季はしっかりと冷房を効かせた室温をキープすることができるようにするために、豊富な断熱材を使用したり気密性を高めたりすることで実現する事が可能です。
光熱費を大幅に削減できる可能性が高まる高性能住宅において必須とも言える性能ですので、これから高性能住宅の建設を視野に入れている方は、プランニングを行う建築会社はハウスメーカーなどにどの程度の性能を有しているか、確実にわかるようにしておくことが必要と言えるでしょう。
北海道などの寒冷地では、極めて断熱性能の高い住宅がスタンダードとなっており、厚みのある断熱材を埋め込んだ壁面や樹脂サッシの複層ガラスが当たり前のように使用されています。
積雪寒冷地ではない本州の一般的な地域でも、高性能住宅を求める方にとっては、北海道仕様が一つの参考にもなるものですので、ウェブサイトなどで調べておくと良いでしょう。

家全体を効率的に暖められる高性能住宅

高性能住宅と聞くと、さまざまな点が優れていると思うはずです。
ところが現在、高性能住宅というと高い断熱性能は外すことができないのです。
断熱性能が重視される理由は、熱循環が効率的になること、冷暖房のコストが削減できることで間違いありません。
しかしそれにくわえて、1年中快適に過ごせることがあります。
エアコンによる冷暖房や灯油ファンヒーターによる暖房など、一般的な方法は空気の乾燥や排気の臭いなどが問題です。
喉が弱い体質の人やアレルギーを持っている人などは、空気の清浄性を大切にします。
それを約束してくれるのが高い断熱性能なのです。
高性能住宅は断熱材を隅々まで入れて密閉性を高めますし、高級な材料を使います。
構造面でも鉄筋コンクリート造やツーバイフォー工法など、堅牢性の高いものを選ぶ傾向があります。
その結果としてもたらされる効率的なエネルギー循環が、快適な住環境になります。
冷暖房をあまり使わなくても適温を保てる、という性能は高いコストを払うだけの価値があります。

高性能住宅に関する情報サイト
高性能住宅の基礎知識

このサイトでは高性能住宅の建築入居を検討しはじめた初心者の方に、有益な情報や基礎知識を幅広く紹介しています。 住宅設備のなかでも関心が高いのが冷暖房などの空調設備です。家庭内でも空調に必要な電気使用量の割合は大きく、省エネの観点からは予算との兼ね合いもありますが、できる限りエネルギー消費を抑えることがポイントになります。 エネルギー消費の抑制は地球環境への影響も無視できないため、公的な補助金も用意されているようです。

Search